2月度優秀作品

2月のお題は「物忘れ」

忘れっぽい医者だ日付をまた聞かれ
中年やまめ
晩御飯思い出したぞ食べてない
さごじょう
思い出のかけら落とした物忘れ
秋桜
あちこちに付箋が増えて老いて行き
完熟きのこ
お坊さん極楽忘れ天国へ
佐竹とし子
命日を忘れ寺から通知来る
シゲサン
「記憶無し」政治用語と辞書にあり
野澤 修
追い込まれ忘れましたで押し通す
イサカマ
物忘れするから妻とうまくいく
じいじ
物忘れ冷蔵庫にも暴かれる
凜香

選評


いろいろな「物忘れ」を有り難うございます。
一句目は、自分の認知テストであることを忘れて医者が忘れっぽいと転嫁しているところに面白さがあります。
二句目も昨晩何を食べたか忘れていたのを実は食べるのを忘れていたという二重の物忘れが笑わせます。
三句目は一転ロマンティックな表現で物忘れを詠んでいて惹かれます。
その他の句も時事を含めて日常的な物忘れを上手く纏めています。
年を取るに従って物忘れは増えてきますがボケではありません。
笑い飛ばしてボケを防ぎましょう。

 

ハワイ旅行ご招待!

審査員紹介

  • ●津田 暹氏 (千葉県川柳作家連盟会長)
  • ●渡辺 梢氏 (川柳研究社副幹事長)
  • ●佐竹 明吟氏 柏市生涯学習川柳指導者