3月度優秀作品

3月のお題は「あの世」

要るかもねマイナンバーを棺に入れ
よしぼう
あの世でも妻の漬物食べたいな
※事務局までご連絡ください なおい のりこ
あの世でも一緒だなんてご冗談
やんちゃん
六文じゃ足らぬと言われ引き返す
蒼介
誰一人帰ってこないいい所
ハルル
あの世でも続くのかしら不眠症
kazou
天国は政治家不足抱えてる
さごじょう
ドローン乗り三途の川をひとっ飛び
佐竹とし子
行く前に予習する術無いあの世
入江朝美
あの世からお呼びがないと一世紀
バディトム

選評


「あの世」とは、いかにも川柳にふさわしい課題で沢山の面白い句が届きました。
生きている人には体験のない世界で想像で詠むしかないのですが、
その想像と現実が絡み合っている句を優先しました。
「要るかもね」はあの世とマイナンバーのセットが今ふう。
「あの世でも」は妻へのごますりがいじらしく、「あの世でも一緒」の句は妻の本音をぴしゃりと表現。
「六文じゃ」は何とも漫画的で笑わせます。「誰一人」はいいところの落ちに膝ぽん。
「行く前に」は予習が出来ない分、びっくりぽんがいっぱいかも。
「あの世でも」は不眠症が意表をついています。
「天国は」はうそつきの政治家は当然地獄行き、風刺が大です。
「ドローン乗り」は流行りのドローンを登場させてのナンセンスがよく、
「あの世から」は一世紀の押し出しが効くおめでたい一句。と、いう事でどの句にも笑わせて貰いました。

 

ハワイ旅行ご招待!

審査員紹介

  • ●津田 暹氏 (千葉県川柳作家連盟会長)
  • ●渡辺 梢氏 (川柳研究社副幹事長)
  • ●佐竹 明吟氏 柏市生涯学習川柳指導者