6月度優秀作品

6月のお題は「しゃか」

釈迦牟尼はおシャレにおわすクールビズ
駄文天
第三者委員にしたいお釈迦様
田足 各一
文春におしゃかにされる玉の輿
中年やまめ
しゃかりきで建てた我が家は杭足りず
未知子
生涯で一番長く聞いた社歌
完熟きのこ
シェカーのしゃかしゃか小気味よく生きる
会津っ娘
しゃかしゃかと歩けるうちは天国じゃ
どんさん
釈迦よりも妻の説法身に応え
だいちゃんZ!
お説教釈迦の教えをパクる父
山田案山子
手枕の妻の昼寝が釈迦に見え
ハルル

選評


「しゃか」という珍しいお題に、「釈迦」「おしゃか」「しゃかしゃか」「社歌」
と広範囲の句が沢山集まり、その中からの10句は厳しい選となりました。
「釈迦牟尼」は「釈迦牟尼は美男におわす」の本歌取りですが、
クールビズを持ってきたのがお手柄。
「第三者」は舛添さんに対する痛烈な風刺、
「文春」には有名人の嘆きが、「しゃかりき」には庶民の汗がムダにされた嘆きが詠まれています。
そして人生を「社歌」に捧げたサラリーマンのペーソス。
「しゃかしゃか」の二句は洒脱な人生観がよく、「説法」二句は釈迦の教えをもじった皮肉が笑わせます。
留めは「手枕の妻」、おみごとな映像を見せてくれました。

 

ハワイ旅行ご招待!

審査員紹介

  • ●津田 暹氏 (千葉県川柳作家連盟会長)
  • ●渡辺 梢氏 (川柳研究社副幹事長)
  • ●佐竹 明吟氏 柏市生涯学習川柳指導者