7月度優秀作品

7月のお題は「片付け」

片付けて退位したくも遺産なし
駄文天
思い出の片付けに行く同窓会
だいちゃんZ!
片付いた居間に家内の置手紙
おさぼう
倦怠期夫婦茶碗を片付ける
牛美
片付けても片付けても欲の山
山桃花
箱入りの娘のリボンやっと解き
小次郎
実印が拍子抜けする後始末
中年やまめ
体内へ片付けられる手術器具
笑司
ご先祖にごめんと言って墓仕舞い
墓掃除
生き方が片付け方に見えてくる
かきくけ子

選評


今回も千句を越える応募有り難うございます。「片付ける」のに汗をかきました。
「片付けて」の句、庶民は生前退位なしです。
「思い出の」の句、その通りです、特に初恋は。
「片付いた」の句、怖いですね、寒くなります。
「倦怠期」の句、奥様の仕業かな。
「片付けても」の句、本歌取り、うまい。
「箱入りの」の句、おめでとうございます。
「実印が」の句、これだけとは、びっくり。
「体内へ」の句、医は仁術のはずですが。
「ご先祖に」の句、言ってくれるだけでもましか。
「生き方が」の句、まさに、その通りですね。

 

ハワイ旅行ご招待!

審査員紹介

  • ●津田 暹氏 (千葉県川柳作家連盟会長)
  • ●渡辺 梢氏 (川柳研究社副幹事長)
  • ●佐竹 明吟氏 柏市生涯学習川柳指導者