よくあるご質問

ご葬儀について

死亡届の提出に必要なので死亡診断書原本と、実印や銀行届出印以外の認め印(シャチハタは不可)をご用意ください。また、ご遺影として使う写真(パソコンやスマホのデータも可)も選んでおくと良いでしょう。

菩提寺がある場合は、ご家族より直接ご連絡していただき、葬儀日程の調整を行っていただきます。菩提寺が遠方の場合であっても必ず連絡を入れ、菩提寺のご指示を仰いでください。菩提寺はないが、お寺様の手配を希望される場合は、お客様の宗派に合わせたお寺様をご紹介いたしますので、スタッフにその旨お伝えください。
なお、神道やキリスト教等、仏教以外の宗教の場合でもご相談ください。

「喪主」は葬儀全般の主宰者であり、弔問(ちょうもん)をうける喪家(そうけ)の代表者です。施主は葬儀の金銭的な負担や運営の責任者になります。喪主と施主を同じ方が務めることが多くなりました。また、喪主は宗教的な祭祀の主宰者でもありますので、葬儀の宗教を決め、その後は祭祀承継者となることが多いようです。

喪主が誰になるかは、法的な決まり事はありません。従来は一家の主が亡くなると、その家の家督を継ぐ者が喪主になりましたが、現在は故人が生前に決めている人がいればその人に、指定がない場合は、習慣・風習にしたがいます。基本的にはご家族で話し合われて決めるのがよいでしょう。
一般的には、故人と縁が一番深い人となります。夫婦のどちらかが亡くなられた場合は、遺された配偶者に、配偶者がいない場合は、長男・長女の順になります。

事故などで、医師による「死亡診断書」が発行されない場合、警察による検視と、指定監察医による検案が行われ、「死体検案書」が発行されます。

火葬場や斎場の予約や、遺族・親族のスケジュール、お坊様のご都合等を調整した上で、葬儀の日程を決定いたします。近年は、大都市圏を中心に、火葬場の予約が取りづらくなっていることから、葬儀の施行が、亡くなってから2日~4日後になる傾向にあります。
各種スケジュール調整を含め、お客様のご都合やご要望を踏まえて、葬祭ディレクターが日程調整のお手伝いをいたします。

首都圏の場合、お申込みをいただいてから平均して3~4日ほどお待ちいただくことになりますが、その間は、ご自宅やラステルはじめ、ニチリョクのご安置施設等でご安置いたします。

葬儀には、故人様の魂への手当てとしての「宗教儀礼」、ご遺体への物理的な手当てとしての「火葬」、故人様と関係のあった人々への社会的な手当てである「お別れの場」という3つの目的があります。
また、ご遺族が故人の死を受け止め、新しい一歩を踏み出していくためにも、故人様を十分に弔い、送り出す過程として、葬儀の場があるともいえます。

「家族葬」とは、主に故人様に近しい人だけで執り行うご葬儀のことをいいます。高齢化が進み、参列者が少なくなっていることから家族葬を希望される方が増えてきました。
しかし、現役で仕事をされていたり、趣味や地域での活動を活発に行っていた方の葬儀で家族葬を選択すると、葬儀への参列が叶わなかった方が多数自宅に訪れ、その対応に遺族が追われることもありますので、故人の生前様の交友関係や社会との関わり具合を鑑みた上で、葬儀の規模を検討することをお勧めいたします。

葬儀費用の全国平均は、全国平均で1,999,000円(出展:2017年日本消費者協会調査 報告書より。祭壇・人件費・飲食費・返礼品・式場使用料・宗教者へのお礼を含む)ですが、地域や参列者数・場所により変動します。事前にニチリョク(0120-00-44-00)へご連絡いただければ、お客様のご要望を踏まえた提案を基にしたお見積もりを無料で提出いたします。

まずは、ニチリョクのお葬式(0120-00-44-00 24時間365日対応)へお電話ください。弊社スタッフがお迎えにあがります。その際に、ご安置場所やご葬儀についてのご要望がございましたら、スタッフにお伝えください。

葬儀規模や葬儀の形式、交通の便を考慮して選ばれるのが良いでしょう。また、参列される方が遠方から来る場合は、宿泊場所についても考慮しておくと、安心です。ニチリョクでは、直営式場、管理式場のほか公営式場・民営の貸し式場・ご自宅での葬儀施行が可能です。詳細は、お問い合わせください。

無宗教の葬儀は、故人様らしさを盛り込むことが出来る反面、宗教儀式が執り行われないので、式次第や進行についての詳細を弊社スタッフと打ち合わせて決定していきます。
たとえば、故人様の愛用品を展示したり、故人様の好きだった音楽を流す中で会食をするなど、ニチリョクのお葬式はお客様からのご要望を十分にお伺いし、その人らしい無宗教葬をご提案いたします。

明確な定義はありませんが、ラステルでは『遺族・親族・故人と近しかった友人だけでお見送りするお葬式』を家族葬、これに対して直葬とは『通夜・葬儀・告別式といったお別れの儀式(お葬式)を行わず、火葬するだけのお別れ』と定義しています。
ご家族でお決めいただくことですので、どちらが良いということはありません。故人様の交友関係などを考慮したうえ、弊社スタッフに何なりとご相談ください。

「ニチリョクのお葬式」のサービス内容について

もちろん、可能です。お迎えの際に、その旨スタッフにお申しつけください。ただし、プランに含まれる搬送距離を越える場合には、追加で搬送費用がかかります。また、故人様の状態を維持するためのドライアイス処置の費用が別途必要になります。詳細については、スタッフにご相談ください。

24時間365日いつでもフリーダイヤル(0120-004-400)にお電話ください。お迎えにあがり、お預かりさせていただきます。ご希望によっては、ご自宅での安置も可能です。

どこへでもお迎えにあがりますので、ご安心ください。ただし、お電話をいただいてからお迎えにあがりますので、遠方の場合、到着までに時間がかかります。その旨病院にお話ください。また、どの葬儀プランにも搬送費は含まれておりますが、搬送距離が10kmを超える場合は、追加搬送料がかかります。

弊社は冠婚葬祭互助会ではありません。したがって毎月の積み立てをいただくことはございません。生前予約をご希望の方には葬儀費用信託「心託」をご用意しております。詳細はお問い合わせください。 

ラステルには、お通夜の晩にご遺族の皆様で故人様とゆっくりお過ごしいただける部屋がございます。

ニチリョクでは首都圏・名古屋の霊園・納骨堂を取り扱っております。また、仏壇もご案内できます。
葬儀の際は、ご希望の宗派のお坊さんをご紹介いたします。

ご安心ください。お客様の菩提寺をお呼びいただいて葬儀を行っていただけます。

ご安心ください。司祭者を呼ばない葬儀にも対応いたします。

可能です。ただし、葬儀プランに含まれる霊柩車の走行距離は10kmまでですので、それを超えた場合には、追加搬送料がかかります。

事前相談やお見積もりの際に、電話や手紙は不要である旨お申し付けいただいた場合、手紙の送付や電話でのご連絡はいたしません。

ラステル久保山には12台分ございます。ラステル新横浜には駐車場はございませんが、コインパーキングは周辺に575台分ございますが、ご利用の際には公共交通機関を利用されることをお勧めいたします。

セレハウス谷原は2台分、高島平会館は隣接する高島平霊園の駐車場をご利用いただけます。

 

弊社ではお客様からの心付けはお断りしております。基本的には必要のないものとお考えください。ただし、一部の民間経営の火葬場等、必要な場合もございます。強制的なものではございませんので、お客様のお気持ちでご判断ください。

もちろんご利用いただけます。法要もできますし、その後の会食・返礼品も弊社にてお手配いたします。

湯灌(ゆかん)とは、病院で行われる清拭とは異なり、ご遺体専用の湯舟を用いて、石鹸で丁寧に体を洗い清めます。
湯灌の際には、バスタオルをかけて直接お体が見えないようにし、湯灌師が故人様を優しく洗います。皆様のお立ち会いのもとで行われることが多いようです。長く入院され、お風呂に入れなかった故人様は、最後に綺麗になって旅立つことができます。メイクをすることで、ご生前に近いお顔にもなります。
ニチリョクのお葬式を利用される方は、ほとんどのご家族が湯灌を希望され、大変ご満足いただいております。